プロジェクト ごー!

The following letter goes out to every Japanese person I know who may want to accompany me on this wonderful journey. I was given a template from a friend of mine who I am forever grateful to. My version of the letter is as follows.

皆さん

寒さの続く日々ですが、皆様にはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。 この手紙は、大事なお知らせ2つと、ある申し出、お願い、ご招待についての手紙です。じっくり読んでくださればと思います。

お知らせその1:もうすぐいなくなります

仕事を辞め、山口県を後にすることになりました。2年半勤めたSESを4月1日をもって退職します。この2年間半この仕事を通して、たくさんのすばらしい人々との出会いがありました。だから今、荷物をまとめ出て行きがたい状況です。

しかし、日本を去ろうというわけではありません。自分の抱いてきた夢を実現するために一時的な休暇をとるのです。

お知らせその2:3ヶ月間の巡礼

日本に来て以来、日本の文化そして歴史に感銘をうけてきました。2011年4月2日より、日本の中心部を巡る旅にでます。自分の旅路は3つの主な道のりを歩くものです。(合計で2500キロになります)まず、日本で一番古い巡礼とされる四国88のお寺を訪ねて回るものです。そこから、京都に向けて出来る限り古い道をたどって歩きます。宇治、奈良、吉野を通り、高 野山まで歩くことになります。皆さん御存じかと思いますが、高野山は四国巡礼を始めたと伝えられる弘法大師が終焉の地とした所です。そこから、江戸時代からの道である中山道を通り東京まで向かい、そこから東海道を通り、その途中で富士山に登りたいと思います。

申し出:皆さんに代わって祈願をします

ここで、ある申し出についてお話することになります。昔は(今でも同じですが)何ヶ月もかかる巡礼に出られる人はほとんどいませんでした。ですから、よく村全体が「相互扶助協会」といった形で集まり、集団全体のために巡礼にいく人を1人指名しました。その人が、巡礼で訪れる神社やお寺で皆の願いごとを代表で祈願するのです。

これを同じように皆さんにしたいと思っているのです。願いごとを知らせてくだされば、代わって祈願することを堅くお約束します。

ñ 中山道や東海道では少なくとも一日1回(奈良の大仏と高野山の弘法大師でのお祈り含めて)

ñ 四国の88のお寺全部で、つまり平均して一日2回近く

私がこれを行う資格がどこにあるか?というと、まずひとつには、歩くということは、修行という一種の供物をすることになるからです。それに、巡礼者のたてる、誓いも守るつもりです。その間は菜食主義者になりますし、女人禁制はほとんど問題にならないでしょう。さらに、道中はお酒を飲みませんし、嘘をついたり、人の悪口をいったりしない等、話すことについても自制するように努力します。

どんな願いごとができるのか?というと、2通 りの願いごとができます。ひとつは何かの実現を願うもので、転職、試験での成功、結婚、大事な人の健康や子供の入試合格、または個人的な事ではなく、家庭 内暴力がなくなるように、とか世界平和といった事です。もうひとつは、先にあげたようなことが実現したことに対する感謝や、生を受けたこと自体に感謝をさ さげるものです。

これに伴って、出来る限り皆さんに直接会ってバンダナに署名をお願いしたいのです。これは私のたびと皆さんのお願いの繋がりを固めるものになります。アメリカにお住まいの方は、住所を知らせていただければバンダナを郵送します。日本にお住まいの方は、私が出発する前に是非会いましょう。できましたら、手紙の最後に書いてあるパーティーに来ていただければと思います。

ぜひお願いごとをEメールでKris AT krijali.net宛てに送ってください。できるだけ願い事に忠実に、代わって祈願をします。

お願い:貢献をお願いしたいのです

まず、絶対にはっきりさせておきたいことがあります。貢献をしてくださるかどうかに関わらず、願いごとは代わりに祈願します。

と はいえ、もし何かの実現や感謝に真剣な場合は、何かしら誠実さを示す行為をする、というある種普遍的な法則があります。ひとつできることは、私がするのと 同じ日数だけ、自分自身でもその願いごとを念じると約束することです。他にできることは、多くの人の願いごとを背負った私の無事を祈ることです。そしても うひとつは、私の巡礼に経済的な形で貢献をするということです。

3ヶ 月というのは、「無職」、しかもホームレスでいるには長い期間です!宿泊費(できるだけ野宿しますが)もかかります。巡礼が進むにしたがってホームページ も更新するので、インターネットと電話の費用もかかります。それに、食べないわけにもいきません!というわけで、もし援助してくださればありがたいので す。

昔の人達はこの方法に頼っていました。「相互扶助協会」は本当にお互いさまで、巡礼に出る人を送りだす側は旅費を支払い、留守の間その人の家族を助けるためによく協力をしたのです。

どの程度貢献すればいいのか?というと、何でもありがたくお受けします。(先程書いたとおり、まったく寄付をしなくても構いません)。ただ、だいたいの目安として、私のホームページに4つの「サークル」を設定し、それぞれ個人名がリストにあがるようにしました8匿名希望と指定のある場合を除いて)。4つのサークルは

ñ 願い事サークル: 2400円以上、または米ドル以上。これは毎日の時間を象徴したものです。:それぞれが同じくらい大切です。

ñ 東海道サークル:5300円以上、または53米ドル以上。これは東海道五十三次を象徴したものです。

ñ 中山道サークル: 6900円以上、または69米ドル以上。これは中山道六十九次を象徴しています。

ñ 弘法大師サークル:8800円以上、または88米ドル以上。これは四国巡礼の88のお寺を象徴したものです。

ご希望の寄付金額をEメールで教えてくだされば、どのように振り込みをすればいいか、または届けることができるかについて情報をお送りします。

御招待:パーティー

最後になりましたが、4月2日に周南市付近にいらっしゃる方は、ぜひ午後一時緑地公園(SES付近の大きな駐車場があるところ)で行う壮行会に来て下さい。(行き方のわからない人には、説明を送ります。)髪の毛を剃ってもらい、巡礼用の衣服を身につけ、出発前最後の一杯をやります。その晩に四国に向けて出発したいとおもいます。に

ñ 願い事をEメールで Kris AT krijali.net 宛に送って下さい。

ñ 同じEメール・アドレスに寄付して下さる予定かどうか知らせて下さい。

ñ もしできれば、パーティーに来て下さい!

ñ こまめに私のウェブサイトをチェックして下さい。: www.project-go.com

この手紙を読むために貴重な時間をとってくださって、本当にありがとうございます。そして、私のことを心のどこかに留めておいてくださればうれしいです。

Krisより

Post a comment

You may use the following HTML:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>